日本人

私、日本語、ペラペラっすよ?



P教授とのミーティングで
新しく入った日本人学生のことを聞いた。
「emiとつないでもいいかしら」とおっしゃるので
どうぞどうぞ、ということになった。

で。
「emiは日本語話すわよね?」と聞かれたので
ふざけて「まぁ一応」と答えた。

うっかりしていたがP教授は
外国にほとんど興味のない人。
アメリカ人の場合、全員が英語を話すとは限らないし
あとから考えればなるほど、なのだけど。
要するに冗談と取ってもらえなかった。

「そう…。彼女はあまり英語が上手じゃないから
日本語ができる人の方がいいかしら…」と。
いやいや、ちゃんとできますよ。
「あら、そうなの?」。

そういえばプロフィール的なことを
P教授にお話しする機会が今までなかった。
「日本に家族はいるの?」
はい。ていうか日本にしか家族いません。
「ご両親は英語を話す?」
いえ、まったく。
「ああ、じゃあemiは本当に日本語が話せるのね」。

P教授の頭の中にいる“日本人”って
どんな民族なんだろう。

そのあとSに誘われてあるランチ会合に参加。
「日本人が何人か来るから」と聞いていた。
会場に着いてSの友人を紹介されたりして
しばらく周りの人としゃべっていたら
知り合いの日本人Kさんを見つけた。

お久しぶりです!こんなところでお会いするとは。
と、日本語でご挨拶したら
近くにいた別の日本人Yさんに
"Oh you speak Japanese very well"と言われた。
日本語を褒められちゃったよーと言って
ウケたりしていた。

さらにしばらくしてKさんと話すチャンスがあったので
日本語でしゃべっていたら先ほどのYさんに
「えぇ、日本人だったの?」と驚かれた。
ナニジンだと思ってたんですか。

ガイジンが混ざってるのが普通すぎて
訳がわかんなくなってるよ。
私も見分けるのはあまり得意じゃないし
別にいいけどね。
アメリカは不思議な国だよ。
[PR]

by emi_blog | 2009-04-17 16:04 | ことば  

<< 相乗効果 春 >>