えんぴつ

子どもに鉛筆を使わせるのには
ちゃんと意味があったんだね。



日本語のことで相談があり
K先生のオフィスを訪ねた。
話題のひとつが
たまたま今日のテストに出ていたとのことで
学生の解答用紙を見せてもらった。

アメリカ人学生たち、日本語の字が上手。
私はK州でTAをやっていたとき
宿題やテストなどを山ほど採点したが
それとはぜんぜん違う。

字がきれいですねーと言ったら
「そうでもないのもいますよ」とおっしゃいながら
K先生は惜しげもなく企業秘密を明かしてくださった。

「1年目でうるさく言うんです。
こういう鉛筆を使わせて」。
一見したところなんの変哲もない普通の鉛筆。
「シャープペンシルでは筆圧が足りないから」。

へー!
きちんとした字を書かせるポイントは筆圧ですか!
そういえば私も英語を書くときは
かなり力を抜いて軽く書いてます。

「そうでしょう?英語はさらさら~でもいいけど
日本語の文字はそれではダメなんです」。
なーるーほーどー。

「鉛筆の持ち方もこっちの学生は習ったことがないから
変な握り方をしていて筆圧がうまくかからない。
鉛筆に取り付けて持ち方を矯正するグッズも
あるんですよ」。
ほぉぉ、お箸みたいですね。

それで思い出した。
最初にボールペンでお絵かきを覚えたGちゃんは
筆圧の加減がわからず
次のページにくっきり写るほど強く書くクセがついてしまい
鉛筆に替えたらボキボキ折ってしまうと聞いた。

シャーペン(←死語?まだ健在?)ほど弱くなく
ボールペンと違ってある程度のところで折れる。
鉛筆を使うことでちょうどよい筆圧が身につき
字がきちんと書ける、というわけか。

目からウロコ。
いやぁ勉強になった。
[PR]

by emi_blog | 2009-04-23 20:22 | 文化 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< すずらん バックアップ >>