Swine Flu

“文化の違い”じゃあ
済まされないこともあるのだよ。



大学から全学生あてに
豚インフルエンザについての
注意勧告メールが届いた。

数字的なこととか地理的なこととか
大学の医療センターでの対応などに続いて
“うつさない・かからないために”という
注意事項が箇条書きで並べられている。

病気の人になるべく近づかない
 自分が病気の時は他の人と距離を置いて
 うつさないようにしましょう。

かかってしまったら病院へ
 他の人にうつす可能性が低くなります。

咳やくしゃみをするときはティッシュで口と鼻を覆う
 周りの人にうつさないためです。
 ティッシュがないときは
 うつむいてひじを曲げその中で咳やくしゃみをしましょう。

手をよく洗う
 手洗いはバイ菌からあなたの身を守ります。
 お湯と石けんで20秒、または
 殺菌作用のあるローションをつけましょう。

目・鼻・口に触らないようにする
 バイ菌のついた手で目・鼻・口を触ると菌がうつりやすいです。

私の知る限り、この国ではインフルエンザはよくある病気。
うちのクラスでも先月、一度に3人ぐらいが
「たぶんインフルエンザ」と言って授業を休んだ。
保険とか費用とか感染とか理由は諸々あるだろうが
病院に行かず、自然治癒で
しかも完治する前に復帰する人が多い。

日本での報道や民間レベルの対策を見ると
ちょっと過敏かなぁと思う。
一方、アメリカ人の衛生に対するゆるゆるっぷりは
いくらなんでもまずいだろ、と思う。

K州にいたころ、幼稚園でボランティアをしていて
子どもたちが手を洗わないのが気になった。
外で遊んだ後もそのまま教室に入ってくる。
おやつタイムになったら
教室の一角にある箱の前に整列して
ひとりずつ何かニョロっともらって手をこすっていた。
聞くと殺菌ジェルだという。
長距離バスなど流水が使えない場所ならともかく
幼稚園で手洗いを教えないというのはショッキングだった。

レストランでおてふきは出てこないし
トイレの後、手を洗わない人もよく見る。

うがいの効果については
ほぼ知られていないのではないかと思う。
今回のメールでも触れられていない。
マスクもしない。
私は日本からイソジンと立体マスクを持ってきているが
マスクはもっぱら帰国時の機内用で
さすがにマスクを着けて街を歩くことはできない。

細菌や感染ルートの研究も新薬の開発も結構だが
一般市民の“常識的な”知識レベルを上げていかないと
「たぶんインフルエンザ」などというお気楽な姿勢に
歯止めがかからない。

以前、風邪をひいた友人にオレンジをあげて
「ビタミンをたっぷり摂ってね」と言ったら
「emiの専門は栄養学なの?」と聞かれて
驚いたこともあった。

日本文化の優れたところはたくさんある。
大げさにただ騒いでいると思われたらもったいない。
もっと冷静に理論的に
世界に発信していくべきだと思う。
[PR]

by emi_blog | 2009-04-27 16:17 | 文化  

<< Pay it Forward 市長選 >>