友美さん

大阪在住の友美さんは
東京に就職した研一さんと遠距離恋愛中。



お互い仕事で忙しいけど
なんとか時間を作って会っていた。
親友の夏子さんにうらやましがられるほど
ラブラブだった。

研一さんの同僚の黒木さんが
彼女を募集しているというので
友美さんは
夏子さんと黒木さんをくっつける計画を立てた。
夏子さんが東京へ行った時に
研一さんが黒木さんを紹介することになった。

夏子さんが大阪に帰ってきたので
友美さんはウキウキして
「どうだった?」と聞いてみたが
なんだか夏子さんの様子がおかしい。

週末に帰ってくる研一さんと会うのを楽しみに
残業もがんばる友美さん。
ところが金曜になって研一さんから
「今週末は帰れなくなった」と留守電が入った。

凹んで帰る駅のホームで
友美さんは夏子さんが男の人といるのを見かけた。
彼氏でもできたのだろうか。

1週間が過ぎ研一さんから友美さんに手紙が届いた。
「嘘をついていた」「逃げていた」と言う研一さん。
あの日、東京で
急に来られなくなった黒木さんの代わりに
研一さんが夏子さんを
ディズニーランドなどへ連れて行った。
2日間ずっと一緒だった。
週末も「帰れなくなった」というのは嘘で
本当は大阪で夏子さんと会っていた。


これ、日本語の教科書に載っていた
“友美さんの日記”(pp. 306-309)という練習問題。
まぁありがちっちゃぁありがちな話だけど。

この読みに続く
「研一はどうして嘘をついたのですか」という質問や
「二ヶ月後の友美の日記を書きましょう」という書き練習の
ものすごく淡々とした雰囲気が絶妙。

オトナな教科書だねぇ。


Banno, E. et al. (2006). Genki II: An integrated course in elementary Japanese (23rd ed.).
Tokyo: The Japan Times.

[PR]

by emi_blog | 2009-05-10 19:07 | ことば  

<< ナゾ 停留 >>