誰か

『誰かのため』なんてはりきってることは
ほぼもれなく自分のためで。



『誰かのため』と言いながら
『誰かのために尽くす自分』に酔いしれる。
欲やプライドが濃く香り立つ。
それでも
何もしないよりはずっといい、の、かな。
まぁね。

頭ではなんとなくわかるけど
いちど鼻についちゃったものを
まっさらに戻して心から褒めるってのは
難しいよね。
感動できないしね。

同じことがなされていても
現れ方の美しさや好感度がずいぶん違う。
同じこと、なのに。

それでも
何もしないよりはずっといいのか。
何もしないってのはよっぽどのワルなんだな。

『基本的に自分のためで
ついでに誰かのためにもなる』ぐらいが
いちばん賢いのかな。
賢い必要もないんだけど。
[PR]

by emi_blog | 2009-05-21 22:55 | その他  

<< 勝ち抜け 裁判員制度 >>