ハグ

ハグがしにくい、について。



もともと伝わりにくくて
最近は特にややこしいのだが
私は基本的にハグに抵抗がない。

というのも
記憶のある限り
うれしかったり悲しかったり
その他諸々の折に触れ
ハグをする親に育てられているからだ。
どこの家庭でも普通にしているんだと思っていた。

日本人がハグをしないと気づいたのは
大学生になってから。
当時留学中だった幼なじみのMちゃんを訪ねて
オーストラリアで再会をしたとき
駆け寄ってハグをしたら
「やっぱり外国に来たらハグだよね」と言われ
そういえば日本ではあまり見かけないな、と
初めて気がついた。

いまや“アメリカ帰り”などという
残念な立場になってしまったので
軽々しくハグなどするわけにはいかない。
日本にいる間は
家族と欧米人の友人以外にはハグはしないよう
気をつけている。

それでも相手が子どもだと
かわいくてついハグしちゃうことがある。
ハグされ慣れていない子は固まるので
その反応を見て
「あ、ごめんごめん」となったりする。

実はこれ、場所がアメリカでもややこしい。
以前、親しい韓国人に久しぶりに会ってハグをしたら
「すっかりアメリカナイズされたね」と言われたことがある。
アメリカ人の中には
「アジア人はハグをしない」ということを意識しすぎて
ヘンに躊躇する人もいる。

まぁあえて積極的に推進するつもりもないんだけど
あくまでも自然な反応なので
「あ、そうか」とか思って意識的に避けるのも
不自然というか不便なものだ。
[PR]

by emi_blog | 2009-06-07 23:26 | 文化  

<< We ワイヤレス >>