結婚予備校

“学校”とか“予備校”とかっていう名称は
自由に使っちゃっていいもんなのかね。



クーポンマガジンで
結婚予備校なる組織を見つけた。
“予備校”って。

“講座”内容は
ウォーキング・カラーコーディネート・
話し方・マナー・家事など。
全12回を受講すると“卒業”で
“周りから結婚したいと思われる人に”
なれるらしい。

歩き方が正しくなかったり
似合わない色を身につけているという理由で
結婚できないなんて人がいるのかしら。
仮に優秀な成績で卒業しても
相手が見つからなかったら?
男性の入学希望者もいるの?

疑問がフツフツ沸いてきたので
“入学説明会”を覗きに行ってみようと思った。
ちょうど今日は近くにいるし。

電話をしてみると
独特な雰囲気の男性が応答した。

入学説明会というからには
ホールや会議室のようなところに参加者を集め
“校長”が学校の理念などを語ったりするのを
イメージしていたのだが
「担当者と個別でお話し合い」だという。
ははーん。
そういうことなら遠慮します。

学校や教育という名目だと
財布の紐がゆるんでしまう人が多いからなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2009-06-11 04:46 | 文化 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 名古屋 父のこと >>