学会発表

研究業界広しといえど
そんなヤツおらんやろ。



発表用のパワーポイントから何から
前夜になってホテルの部屋で作り始めた。
つまり一人前の顔をして会員バッヂをつけ
開会式や集合写真に参加したり初日の発表を聞く間
実は自分の発表は準備できていなかったというわけ。

だってイヤだったんだもん。
イヤすぎて触りたくもなかったんだもん。

もちろんまったくのゼロから、というわけではない。
Abstract(要約)を3月初めに提出し
それが通ったからこそ招待されたわけだし
5月下旬の帰国前にはFull paper(全文)も出した。
だから発表の方向性は固まっている。
ただ、その締切以来、約1ヶ月の間
一切勉強もせずすべてを封印していたので
自分で何を書いたのかも覚えていない始末だった。

いよいよ観念してペーパーを印刷することにしたのが
マカオへ発つ前々日。
自宅プリンターのインクが切れていたので
実際に印刷できたのは前日。
経由地の台北までの機内で一読。
「ほほぅ、なかなかおもしろいこと書いてるじゃない」
と他人事みたいな感想を持つ。

で、なんだかんだで
前日の夜、夕食を済ませてから
ようやくお尻に火がついて
パワーポイントを立ち上げた。

わかっちゃいたけど
やり始めれば否応なしに集中力は高まり
アイディアも沸き、結果、時間が足りなくなる。
0時までに終わらせる予定だったが
午前4時ごろまでかかってしまった。
当日じゃないかい。

朝イチのK教授のKeynote Speechを
すっぽかすわけにはいかないので
間に合うように出かける。
後のPlenary Speechはこっそり抜け出し
ホテルのビジネスセンターでDiscussant用に
スライドのプリントを作成。
残り3時間ほどは部屋にこもって
リハーサル、リハーサル。

…というバッタバタの舞台裏がバレた様子もなく
初めての国際学会発表は無事終了。
ま、発表自体は時間的にも内容的にも
普段のクラスの方がうんと大変なので
アメリカの大学院で鍛えられているのはよかったかも。
オーディエンスもチェアの方も
みなさんとても好意的で助かった。
[PR]

by emi_blog | 2009-06-20 16:59 | 研究 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< マカオのまとめ Conference >>