ヨソモノ

Hちゃんにお願いして
授業におじゃまさせてもらった。



N大学は検定試験や社会人講座などで
何度も行ったことがあるが
平日の昼間に行くのは初めて。
当たり前だけど
お若い学生さんたちがたくさんいる。
緊張するわ。

Hちゃんはここへ科目履修生として
英語科の教員免許を取りに来ている。
今日は“英語科教育法”というクラスがあるそうなので
時間を合わせて見学させてもらうことにした。

担当のM教授には予め許可をいただいていたが
念のため授業前にご挨拶。
笑顔が印象的で
どこかでお会いした記憶があった。

後でM教授とお話しする機会があり
研究のことなどを説明しているうちに
そういえばN大大学院を受験したことを思い出し
その時にお見かけしたような気がしてきた。
「あれ、俺、面接した?」と言われたが
私は面接まで進んだ覚えがない。
受験者は全員面接を受けるらしいので
そうかもしれないがわからない。
「とにかく落とされちゃったんですよ。
それで仕方なく海外へ…飛ばされました」と言うと
「イヤ、それでよかったんですよ」とおっしゃった。

授業は内容こそ知っているものだったが
学生の様子も教室の設備も授業の運び方も
何もかもが馴染みのない形式で
キョロキョロしどおしってかんじだった。
授業後に行ったキャンパスセンター的な場所も
いろいろが違っていてソワソワした。
アルファベット順じゃない建物にも惑わされそうだし。
ヨソモノ感まるだし。

SUNY Albanyが母校になって早3年半。
敷地が何倍もの広さでも
同じような顔した建物が並んでいても
うちのキャンパスで迷子になるようなことは
もうないもんなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2009-07-03 15:37 | 文化  

<< ニセ広告 なわとび >>