Tokyo

遅い夕食。どしゃ降り。
駅前のどこかで食べて帰ろう。



学生時代にときどき行った
ハンブルグステーキの店へ。
なつかしい。

店内はほぼ満席で忙しそうなのに
ベテランウェイターのおじさまが
なにかと気にしてくれる。
瓶の水を手酌するところを見つかって
わざわざ注ぎに来てくれた。
「今日はおひとりで食事なの?」。
こんな声かけができるおじさまが
気取った街の老舗洋食店にはよく似合う。

この街の人がみな洗練されているとは思わない。
でも少なからず“トーキョー”を意識して
たとえニセモノでも背伸びしてでも
街の名に負けないようにがんばっていると思う。

昔ほど戻りたいとは感じなくなったけど
やっぱり好きだなぁ。
これでもうちょっと広々していればなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2009-07-21 23:42 | | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 地域格差 Mission >>