占い

たまたまつけたテレビで
占いなしでは生きられない!』を見た。



占い市場は年間1兆円だそうだ。
旅行の行き先も夕食の献立も占いで決める。
占いイコール人生なんて人もいるそうで。
占い好きの人がいることは知っているけど
そんなに、なの?

そして今日
珍しくファッション雑誌を手にする機会があった。
いつもは開きもしない占いのページを
熟読してみる。

星座別に12に分けて載せてある。
そういえば12個全部をじっくり読む人は
あんまりいないかもね。

全体運と恋愛運しかないことも含め
内容に明らかな偏りがある。
男性はもとより
主婦や女子高生にも当てはまらないことばかり。
対象は20代後半-30代の働く独身女性だろうか。
グーゼンにもこの雑誌の読者層に合致する。

金運や仕事運の欄はないのだけど
お金に関わる情報がチラホラ。
“不労所得”ってのはもう日常用語なのかな。
どの星座の人も仕事は楽じゃなさそうだ。
グーゼンにも世の中の不景気と重なる。

恋愛もモヤモヤしているようだね。
傾向として“重い”人が多いのかしら。
他のことについては割とぼんやりした回答なのに
恋愛だけはやけにバッサリ・キッパリとした口調で
ぐいぐい背中を押しているかんじがする。

この月刊誌のように1か月分の占いを出してくれるのと
テレビのように毎朝その日の占いをしてくれるのと
両方見ちゃった場合
どうやって折り合いをつけるんだろう。
聞くところによると
占いの結果は良いことだけ信じて
悪いことは忘れるらしいから
良いとこどりして良い気分になれば
それでOKなのかな。
[PR]

by emi_blog | 2009-08-15 22:30 | 文化 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 花火 ぐるぐる >>