Japanese Food

夏休み最後のディナーを
ジャパニーズ・レストランで。



長年、日本食を提供してきた
友人KとSさんのお店は都合により7月に閉店した。
これで日本人が経営する日本食レストランは
この街からなくなったのではないだろうか。

が。
世の日本食ブームが終わったわけではない。

中華風日本食のI店は
あいかわらず人気のようだし
S亭は日本人駐在員の間でもファンが多い。
去年モール前にドカンとオープンしたH店は
メディアの使い方が上手そうだ。
ヒバチが有名なK店や
韓国風のK店・M店もある。
来年はダウンタウンに
大規模なレストランが開店予定とか。

今日は新しくできたS店へ。
アメリカの田舎には
“ジャパニーズ+XX”というスタイルの店が多いが
ここは“+タイ料理”のレストランだ。

照明落とし気味のおしゃれな店内はほぼ満席。
オーナーのDは気さくだがやり手っぽい。
まだメディアに紹介されていないということは
まったくの口コミだけでこの人気。
来週はいよいよ新聞に出ちゃうらしいので
予約が取りにくくなるかもね。

前菜のTiger Eyesが普通においしかったので
一瞬期待したけど。
やっぱり、そんなわけがない。

久しぶりにSushiを食べた。
このファッショナブルな盛り付け。
斬新な具材の組み合わせ。
独特のこってり感。

たとえば“今日のスペシャル”だった
"Snow Mountain"というRoll (巻きsushi)は
エビのtempuraとマンゴーを巻いた外側に
蟹の身が“雪のように”降り積もって
さらにその上から
トビコと謎のマスタードソースがかけてあった。

「日本から帰ってきたばかりなのに
日本食でいいの?」とお気遣いいただいたけど
逆に日本じゃお目にかかれないものばかり。
アメリカの外国料理部門として
がんばってくれる分にはまったく問題なし。

で、結果的に
“日本人にも高評価”ってことになっちゃうんだけど
まぁいいじゃない。
[PR]

by emi_blog | 2009-08-30 23:41 |  

<< 初日 遠回し >>