新学期

第1週の授業が
ひと通り終わった。



1週目なんてものは
授業らしい授業はほとんどない。

それでも
授業前に無駄にそわそわしたり
膨大な課題の予定表を見てうんざりしたり
結構な数の新しい名前と顔に対応したりで
1週間が終わるとそれなりに達成感がある。
なーんにもしてないのにね。

自己紹介をする機会が続いたり
2年前に私がTAをしていた頃に新入生だったDが
いまや新しいTAになっていて世代交代を感じたり
学部を卒業したてのピカピカの1年生に会ったり。
新学期は何かと過去を振り返る時期でもある。

帰りの車を運転しながら
いろんなことを思い出した。
まだまだ“よきおもいで”の域には達していない。
生々しすぎて
普通に身が縮んで涙が出そうになる。

この期に及んでまだ喉元を過ぎていない。
ほとんど変わっていない。
でもやっぱり確実に違う。

新入生に限らず誰もが不安なことを
いまは知っている。
教授が最初の授業の冒頭で
第一声を放つときの緊張感を
教える側の立場で共感している自分に気づく。

最後の新学期なんだなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2009-09-03 19:37 | 学業  

<< Tapur 市場 >>