A New Stage

師匠とこんなかんじで
話せるようになるとはな。



「マカオが効いたんじゃないの?」とか
「授業を担当したからじゃない?」とか
噂はいろいろあるが
原因はこの際どうでもいい。

この財政難の州立大学で
お金を工面してくれたことにも
まめに時間を取って
具体的な指導をしてくれるようになったことにも
もちろん感謝しているが
それよりなにより
私と師匠の関係が大幅に改善されたのが
本当にありがたい。

いつでもピリピリと威嚇し
数年前にはとうとう顔を真っ赤にして怒鳴り散らした
このオフィスで
こんなに和やかに話せる日が来るとは
夢にも思わなかった。

ひとつのデータを分け合って
「ああでもない、こうでもない」と
一緒に作業するなんて。
「私が正しい。言うことを聞け」の一点張りだった
あの師匠が
私の言うことにうなづき
「おうそうか。なるほど」なんて言うんだよ。
ちょっと信じがたい。

石橋を叩きに叩いてから
渡るかどうかを悩みぬく超慎重派の私は
まだ油断できないぞ、と気をつけているが
とにかく以前とは確実に違う新しいステージに
入ったのだと思う。
私が、なのか
師匠が、なのかはわからないけど。

ふーむ。
わからないもんだね。
[PR]

by emi_blog | 2009-09-23 15:01 | 研究  

<< キング 同時進行 >>