Miscommunication

コミュニケーションの必修クラスで
グループ発表を準備中。



各グループのメンバーは
H教授が「コンピュータに選ばせた」らしい。

私のグループは
若めのおじさんNと若いおねえちゃんのM。
第1回の授業でお互い初めて顔を合わせた。

二人とも学部卒業後、就職して
しばらくぶりに大学へ戻ってきた社会人学生。
親切で柔軟性があるし
さくさく動くタイプなので作業がしやすい。

図書館での資料収集などは4年生の私が、
ミーディングのスケジュールや
教授とのアポ取りは元営業マンのMが、
話し合いのまとめは
職場でもチームリーダーのNが、というように
自然に役割分担ができてきている。

しかしこの3人
誤解・行き違い・勘違いがひどい。

先々週のミニ発表では
Nの出したアイディアが私とMに伝わってこなかった。
図を使っても表現を変えてもちっとも理解できない。
後でわかったことだが
Nには当たり前に見えていたことが
私とMには見えていなかったため
私たち二人はまったく同じ誤解をしていた。

ミーティングの日を決めるときも失敗があった。
水曜日に「週に1回ぐらい集まろうか」という話になり
初めに翌週の火曜日を提案されたが
私はそれを断って金曜日にしてもらったつもりでいた。
ところがMが火曜日でアポを取ってしまった。
「え、金曜日じゃないの?」と聞くと
MとNは「金曜日も、だよ」と言う。
「今週が金曜、来週は火曜ってことかと思ってた」。
初めからそんなにマメに会ってもやることないし
時間も節約しようよ、と説得して
1回にまとめさせてもらった。

「私が聞き間違えたのかな。ごめんね」と謝ると
Nが「ミスコミュニケーションはみんなの責任」
と答えてくれた。

今日は第2回ミーティング。
時間になってもNが来ない。
Mが電話をすると「あれ?明日じゃなかった?」。
Nは電話口で平謝り。
「ミスコミュニケーションはみんなの責任」を
お返ししておいた。

3人ともコミュニケーション専攻のくせに。
ダメダメじゃんね。
[PR]

by emi_blog | 2009-10-01 23:44 | 学業 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 本 4周年 >>