他意識

“他”を意識した方がいいことって
あるのかな。



きっと好みの問題なんだけど
どうもマイナスにばっかり
見えちゃうんだよな。

“他”の意識がないところに
言い訳って成立するんだろうか。
嘘やごまかしは要らなくなるんじゃないか。
嫉妬や見栄や
卑屈や執着や自惚れはどうだろうか。

“他”の意識が高くなると
さみしいや悔しいが増えて
かなしいがわからなくなりそうだ。

競争しながら上達するのも
恋をしてキレイになるのも
誰かのために強くなるのも
目からウロコが落ちるのも
“他”にしてもらったように見えて
実はそうじゃない。

道徳とか公共心とか礼儀とかだって
究極的には“他”なんて関係ない。
たとえば“他”を意識したオモイヤリなんて
薄っぺらですぐに裏が見えてしまう。

“他”を意識した方がいいことねぇ。
思いつかないなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2009-10-10 17:45 | その他  

<< ボランティア 新旧 >>