最終学歴

“最終学歴”って
ヘンなことばだな。



“最終”というからには
これにておしまい、ってことで。

少なくともアメリカでは
仕事や子育てをしながら
またはそれらを退いた後で
学生に戻ることは珍しくない。
日本だってだんだんそうなりつつある。
ならば“最近”とか“最新”の方が適当だろう。

我がMentorであるJなどは
泣く子も黙るH大の博士号を持ちながら
純粋に向学心から
州立大学の修士課程に入学したりしている。
紆余曲折の末
本当に学びたいことが専門学校で見つかることもある。
このような場合
“最終・最近・最新”のどれを取っても
なんだかおかしい。
じゃ“最高”または“最上”?
ま、Highest Degreeという記入欄も
ないことはないが一般的ではない。

要するに
“最XX”の部分には意味がない。
なんでこんなのが付いてんだ。

ついでにいうと
“学歴”の“歴”ってのも、なんかちょっとね。
"record"=記録上どこを通ってきたか、みたいで。
"background"みたいな日本語はないのかな。
[PR]

by emi_blog | 2009-11-04 15:34 | ことば | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Ends well 補給 >>