野球

コミュニケーション理論のH教授は
大のヤンキースファン。



学期の初めから
「オフィスアワー以外でも
アポがあればいつでも相談に乗ります。
でもワールドシリーズの間だけは断るかも」
と冗談を言っていた。

理論の例もつい野球関連になる。
Positivism, Post-positivism, Constructivismを
アンパイアにたとえたのは見事だった。

3週間ほど前のこと。
ノート代わりにパソコンを使っているクラスメートのBが
インターネットで試合速報を調べて
休憩時間と授業後にH教授に伝えていた。

高校時代の同級生Yくんのことを思い出した。

あれは何の試合だったのかなぁ。
地方大会の決勝のような気がする。
野球部のYくんはシャツのポケットにラジオを仕込み
ブレザーの袖にイヤホンを通し
頬づえをつくフリをして
授業中に野球中継を聞いていた。

私はYくんと仲が良かったし野球好きだし
いちばん後ろの席で隣だったので
ちょいちょい「どうなってる?」と尋ねていた。

そのうちにYくんが
後ろの黒板にスコアボードを書き始めた。
他のクラスメートたちも気づいて
ちらちら見ては
Yくんと目を合わせてニヤッとしていた。

ま、すぐ先生に見つかっちゃったけどね。
「なんでスコアボードの記録が
着々と更新されてるんだ!」って怒られて
クラスじゅう爆笑だった。

今回のクラスメートBは怒られてはいないし
いちおうH教授も"Oh thanks"と返事していたけど
それ以来、クラスで野球の話はしなくなってしまった。
やっぱり授業に悪影響と判断したのかな。

明日お会いした時には
「日本でも大ニュースだったみたいですよ」って
伝えようかしら。
[PR]

by emi_blog | 2009-11-08 13:38 | 趣味  

<< Burnout 晩秋の候 >>