募金

ホリデーシーズンを前に
募金や寄付が目につくようになった。



でも本当は
別にこの時期に限ったことでもない。
Awareness ribbon系のなんかは
結構マメにあるしね。

細かいことを二手三手先まで読んで
慎重に考え抜いて「やっぱやめとく」国と
いま目の前にあること以外に頭が回らず
とりあえずやってみて
「ダメだったらそれから考えよう」の国は
いろいろが違うのだけど
募金や寄付に関しては
この気軽にポイって感じはいいね、と思う。

たとえば銀行の窓口で
引き出した預金の一部をポイっと。
スーパーのレジで
カード型の募金をポイっと。
ひとつひとつはほんの数ドルでも
同じ国に住むもの同士が
ちょっぴりずつ助け合ったらすごい額になる。

それはわかるんだけど。

得体の知れない団体や個人の
使途不明の募金にまで協力しようとは
やっぱりどうしても思えないんだなぁ。
署名とかだけでもお断りしてしまう。

良く言えば分け隔てなく
悪く言えば考えなしに
“ポイっと”できるようにはなれそうにない。

モノに執着はないし
食べるのに困っているわけでもないので
きちんと説明を受けて納得したときは
それなりに賛同させてもらっているつもりだけど。

うーん。
結局、ケチなんだろうね。
[PR]

by emi_blog | 2009-11-19 17:26 | 文化  

<< 夫婦 文化破壊 >>