夫婦

コミュニケーション学部の
F教授とH教授はご夫婦。



教育のA教授とL教授のように
夫婦で同じ学部の教授ってのは時々ある。
名字は違うしあえて公言はしていないけど
学部内では周知の事実。

今回のプロジェクト協力者を探していたとき
F教授からH教授を紹介してもらった。
そのとき「うちのダンナなのよ」と耳打ちされた。

おふたりともとても親切で
学生の間でも人気が高い。

さて、そのH教授は
私たちのクラスにほぼ毎週顔をだす。

修論指導はF教授とP教授のふたりが
私を含め7人の学生と週1で会って
進捗を報告するミーティング形式。
それぞれが約20-30分を使って
どこまで進んで何が問題で次はどうするかを
話し合う。

H教授はクラスの真ん中あたりで
コーヒーを持って現れる。
自分の休憩時間のついでに
奥様のF教授の分も買ってお届けに来るのだ。
F教授は「あら、まぁ」と言って
赤くなった顔を両手で覆う。
H教授は笑顔でコーヒーをテーブルに置いたら
さっと帰っていく。
P教授が「いいわねぇ」と冷やかす。
うふふ。

先週は「これはみんなの研究道具だよ」と言って
コーヒーのほかに袋を置いていかれた。
中身はクッキー2箱。

こういうことって一朝一夕じゃできない。
日本のおじさまもがんばろうね。
[PR]

by emi_blog | 2009-11-20 15:43 | 学業 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 丈夫 募金 >>