Equality

まぁあまり関わらないようにしようとは
思うんだけど。



平等・公平・均一・同権・格差是正・機会均等。
なんというか、うーん。
私はもともと
この世は偏っているものだと思うのでね。

労を惜しみ私欲を肥やしても
たいしてバチの当たらない人もいる。
いるんだからしょうがない。
悔しまぎれに「バチよ当たれ」と願うことこそ
バチ当たりというものだ。

役目はいろいろ。
配当もいろいろ。
冷静によぉく考えたら
そこそこ帳じりが合ってたりするしね。

いちいち目くじらを立てて
損した気分になったり羨んだり妬んだり
力づくで“正しい”とかいう枠に収めようとするから
おかしなことになるんじゃないかな。

そもそも平等とはそんなにいいものだろうか。
我流の基準を他人に押し付けるのは
強制や侵略とは違うのだろうか。
頼みもしないのに突如現れた“ヒーロー”は
自己満足以外の何かを
勝ちとることができるのだろうか。

煽る係みたいな人たちは
乗せるのが上手だからね。
簡単に玄関を開けちゃダメだよ。
美しいボトルに入っているからって
中身を確かめずに飲んだりしちゃ危ないよ。

まぁとにかく関わらない方がいいのだけどね。
この“平等主義”が
英語教育にも侵入しちゃってる気が
急にしてきたんだ。
[PR]

by emi_blog | 2009-11-25 15:11 | 英語  

<< Thanksgiving デリカシー >>