熱湯用

愛用のガラス製急須(日本製)に
“熱湯用”という表示があるのを発見した。



私は文字があれば
なんでも読んでしまうクセがあるのだが
これは透明ボディに白字で
しかもものすごく小さいので
今まで気づかなかった。

アツアツなかんじのアイコンに
“熱湯用”と書いてある。
…ねっとうよう?

沸かしたて専用ってこと?
そりゃ確かに
いつも沸騰したてのお湯を入れてるけど。
別に水出し茶だって作れるでしょう?
入れっぱなしで忘れてて
ぬるくなっちゃう時もあるよ?
どういうこと?

聞くところによると
“熱湯用”と書いて
“火にかけてはいけません”と読むらしい。
知らなかった。
そして納得いかない。

“熱い・お湯・用”のどこをどうしたら
「火にかけちゃダメ」になるのだ?
だいたい“熱湯用”に並んで
同じく小さな字で“直火にはかけられません”と
書いてあるじゃないか。
“熱湯用”が「火にかけちゃダメ」なら
“直火にはかけられません”の立場がない。

なんだ“熱湯用”って?
[PR]

by emi_blog | 2009-12-01 16:50 | ことば  

<< DO NOT FOLLOW Brownout >>