再会

何と言われようと
私はPほど強くはなれないからさ。



いつでも前向きにはなれないし
ネガティブなことばっかり想定して
心配して反省して
自己嫌悪に陥るのさ。

「マイナスなことを用意するのは
失敗したときに言い訳がしたいだけよ」と
大きな目を見開いて言う。
そうねぇそうかもしれない。

だって私はごく普通の
Average personなんだもの。
Pほどの才能もなければ
成功する可能性もない。
だから私たちは考え方が違うんだし
考え方が違うから結果も違う。

「emiがそんな弱虫だとは思わなかった。
これまでに私たちが過ごした時間は
まったく無駄だったわね」。
そうねぇそうかもしれない。

そんなかんじでやりあった後
鍛え上げられたたくましい腕で
むっぎゅーっとハグしてきて
ほっぺにぶっちゅーっとキスまでしてきたくせに
「覚えてない」とな。
高笑いしながらフラフラ階段を下りるのを
支えてあげたのも?
じゃあ「年越しに一人ぼっち」って
さみしそうに言ったのも忘れちゃった?

んもーしょうがないね。
2010年の初ゲストにしてあげるから
白ワインは自分で持ってくるんだよ。
[PR]

by emi_blog | 2009-12-31 21:27 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 初夢 困り箱 >>