ネイティブ

そういうタイプの言語オタクでは
ないのだけど。



先日インドネシア語を訳してもらって
初めて気づいたのだが
そういえば私の知り合いには
いろんな言語のネイティブがいる。

ぱぱぱっと思いつくところで
スペイン語(南米各地)
フランス語(フランス・カナダ・アフリカ各地)
イタリア語(イタリア)
ドイツ語(ドイツ・スイス)
ハンガリー語(ハンガリー)
ロシア語(各地)
トルコ語(トルコ)
アラビア語(エジプト)
インドネシア語・ジャワ語(インドネシア)
タイ語(タイ)
タガログ語(フィリピン)
中国語(各地)
韓国語(韓国)


英語(各地)
日本語(日本)。

ケンタッキー時代なら他に
ポルトガル語、ポーランド語・ネパール語・
ベトナム語・ウズベク語・スロバキア語もいたな。
インドやビルマの出身者にいたっては
いくつの言語ができるのやら。

私はMultilingual/Polyglot
(多言語ができる人)向きじゃないので
翻訳が必要なときにちょちょっと
身近なネイティブが助けてくれると便利。

そうはいっても
各言語の「こんにちは」と「ありがとう」だけでも
教わっておけばよかったかな。
イヤ、それだけでも覚えられそうにないな。
[PR]

by emi_blog | 2010-02-16 16:18 | 英語 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おもちゃ 大学改革 >>